【ホテル】香港 シルカファーイーストホテル -HKDL1512

ºoº この記事はおおよそ 3 分で読めます ºoº

Top > Terminal 1 > HKDL1512便 フライトマップへ

HKDL2015年12月の旅は、実質二日の単身貧乏旅行だったので市街の安ホテルに宿泊しました。
シルカ ファー イースト ホテル (Silka Far East Hotel) 、最寄駅はMTRのチュンワン駅(MTR Tsuen Wan Station/MTR 荃灣站)です。チュンワン駅からは徒歩五分程度。
一泊一部屋 約7000円弱で予約。

香港ディズニーランドからの交通ルートは、サニーベイ駅(Sunny Bay Station/欣澳站)、ライキン駅(Lai King Station/茘景站)の計二回乗り換えになります。面倒かと思い、予約はかなり迷ったのですが初チャレジとなりました。

結果から言うと、私的には交通の便は許容範囲内です。朝夕と何回か往復しましたが、ホテルのドアからパークのゲートまでで45分前後というところでしょうか。ざっくりの体感ですが。
キロで見るとパークとホテルの距離自体は10キロも離れていないのですが、チュンワン駅からライキン駅まで大回りすることと、やはり乗り換え二回というのが地味に時間に響いてきます。

HKDL1512_Hotel01
こちらのホテルも香港のホテルに良くある、ドアを開けるともうベッド、です。二人用の部屋ではありますが、二人泊だと少々厳しいかもしれませんね。中型〜大型のトランク2個は開けられないと思います。
ベッド周りは清潔です。枕元の電灯なども使いやすかったです。
今回水回りの写真を撮るのを忘れました。浴槽なし、シャワーのみですが、コンパクトで清潔です。香港のホテルに良くある、シャワーを浴びるとトイレがびしょ濡れになる、ということはありませんでした。とても使い易い機能的な水周りです。

HKDL1512_Hotel02

部屋からの景色です。香港らしさを味わえます。

HKDL1512_Hotel05

同、夜景。ちょっといい感じですよね。ツーリストなので、こういうベタな香港っぽさにグッときます。

HKDL1512_Hotel03

駅からしばらく歩いた陸橋からホテルを眺めたところです。
事前にグーグルマップでホテルまでのルートを頭に入れていましたので、スムーズにたどり着けました。駅構内から続くショッピングモール、そしてその先の陸橋などを上手く渡れば、雨の日でもほぼ濡れずにホテルまでたどり着くことが可能だと思います。

ホテルの隣には大きめのショッピングモール、カラー チュンワン(KOLOUR Tsuen Wan/荃灣千色匯)があったのですが、営業時間がパークとほぼ同じだったため、渡航期間中は結局足を踏み入れることがありませんでした。よさそうなお店も入店しているようだったので、ここを使いこなせればさらに便利なホテルだと思います。

個人的にはシルカ ファー イースト ホテルの一番良かったところは、最寄駅であるチュンワン駅から直結しているルクイョン?もしくはロクイェン ギャラリア ※発音表記に自信がありません(Luk Yeung Galleria /綠楊坊)に、マクドナルドとマックカフェ(McDonald’s & McCafe)そしてスターバックス(Starbucks Coffee)が入店していることでした。

朝は毎朝とも、朝マックしてからパークオープン時刻に合わせて移動しました。香港に来てまでマックかよ、という感じではありますが、今回の旅行も忙しかったので仕方ないですね。

HKDL1512_Hotel06

香港の朝マック。マカロニスープの中にチキンが一枚浮いています。このチキンは昼間はマックチキンの中身になっているチキンです。なんだか面白いですね。スープもチキンもやたら塩辛いのですが、香港の人達的にはこの塩辛さがウケるのでしょうか?
周りを見渡すと皆さん、ハッシュポテトをスープにドボンと投入していました。香港ではスタンダードな朝マックの味わい方なのでしょうか? いろいろと新たな発見のある香港朝マックでした。

(このページに公開されている内容はすべて、2015年12月上旬時点の情報となります。2016年2月14日 記事公開)

Top > Terminal 1 > HKDL1512便 フライトマップへ ↑トップにスクロールする