ジョーロードがなんか面白いことになってた【D23expo2019超駄話】

ºoº この記事はおおよそ 2 分で読めます ºoº

D23 Expo 2019、3日目のパークスアンドリゾートパネルにて、4年ぶりにジョーロードに会い(見?)ました。
なんか個人的にちょーツボったので、どうでもいい個人的所感なんですが書き残すことにしますw

えーっと、正確な記述は他の信頼性の置ける各サイトを参照していただくとして。
ジョーロードは今、ディズニークルーズライン用の新たなリゾート、バハマに新しく作るライトハウスポイント(Lighthouse Point)のプロジェクトに関わっているようです。
これね。

いつものジョーロードっぽく、バハマの現地で徹底的なフィールドワークをやってたみたい。バハマの自然や文化、現地のお祭りとかを調査していたみたいね。
その様子が写真でも紹介されたんだけど、もう完全にテーマパークを作ってる人の段階からは逸脱していて、学者の様相になってて笑ったわ。
自然学者とか、文化人類学者とか、もうやってることの内容も彼の目つきも完全にそっちイっちゃっててさ。
まぁアウラニの時もそんな感じだったけど、え、どこ向かってるの?って感じで個人的に面白かった。

話が飛ぶけど、私はWDWのパンドラのナヴィリバージャーニー(Na’vi River Journey)は個人的にはイマイチかイマニって感じだったんだよね・・・。
ジョーロードが目指した(目指したかった)ものはわかってるんだ。
ジョーと彼らのチームは、想像の世界での現地フィールドワークをやり尽くした結果があれなんだろうな〜ってのはわかってるの。
でも、それ、一般のゲストが見て面白いのか〜!?って感じだったな。
パンドラの世界の新規動植物見させられても、一般のゲストはそこまで入り込むのは難しいよ、そこまでの興味はパンドラに対しては持てないよって思った。
へー・・・って感じで。
まぁ個人的な意見なんですけどね。あれが超絶ハマる人がいるのもわかってる上で書いてる。

で、話戻すんだけど、ジョーロードはアトラクションもいいんだろうけど、アウラニとか、バハマとか、そういう自然系のリゾート作るのが向いてるのかもなと思った。
今後ライトハウスポイントが終わった後、彼がアトラクの方に戻ってくるのかは定かじゃないけど、なんかまたいいプロジェクトが待ってるといいね、と思った。

でもほんと、人間って何かを突き詰めると、目指すところがなんであれ「先生」みたくなってくんだな、とは改めて思ったなぁ〜
ジョーロードが今回完全に学者然だったの、ほんと笑ったわww どこ行くのwww (もう戻ってこれないとは思うけどw)

話がとっちらかったけど、以上、ジョーロード2019年所感ということで。