【プロモーションイベント】池袋 サンシャインシティ マーベルヒーローズフェスタ

ºoº この記事はおおよそ 9 分で読めます ºoº

Top > Terminal 3

2016年5月7日と8日の二日間、ゴールデンウィークも終わり間近の池袋はサンシャインシティで行われた、映画シビルウォー キャプテンアメリカの公開記念プロモーション「マーベルヒーローズフェスタ」に行ってきました。

160507_Marvel01

今回のこのイベントの主催者はウォルトディズニージャパンさんです。・・・この時点で一抹の不安を抱えつつ現地到着。正直に言うと、WDJに対してはD23 expo Japanの2年連続の開催にまつわる手腕とか内容とか、映画のプロモーション方法とか、昨今のちょっと変なTwitter(@disneystudiojp)投稿とか、あまりいい印象がないです。はい。ごめんなさい。ありのままの気持ちを書いてしまいました! とにかくイベントを最後まで普通にやってくれるといいんだけど。。。

160507_Marvel02

イベントのスタート時間はサンシャインのオープン時間に合わせて10時でした。場所は噴水広場。司会の女性の方が、この後のフォトシューティングなどの進行を進めていらっしゃいました。

さて今回のこのイベントの私の目的。それはなんといっても、キャプテンアメリカとアイアンマンのフォトシューティング! 体良くDオタ用語で言ってしまえば、グリです。

160507_Marvel04

これです。フォトシューティングに参加するには、事前に配布される整理券が必須とのことで、私が9時半に現地に到着した時には、もう20人ばかりの人の列ができていました。整理券は、10:00から10:30分と12:30分の二回分、15:30から16:30分と18:00分と19:40分の三回分が配布されました。

さて、今書いたように、9時半の時点で20人ばかりの人が並んでいましたが、私はこのフォトシューティングの参加人数はもっともっともーっと多いと思っていたんですね。だから9時半時点で20人そこらしか集まってる人がいなかった、というのは、実はちょっと拍子抜けしてしまったんです。

拍子抜けの理由ですが、アイアンマンのグリーティングって実はまだ世界のどこでも行われていないんですよね。私が観測している限り、MCUの映画関係者や、ハリウッドやディズニーのVIP以外、いわゆるただの一般ゲストに向けてアイアンマンがグリーティングキャラクターとして登場するのは世界初だと記憶しています。(私の記憶限りなので、違うかもしれません。その辺の記述は適当なのでご了承ください)

160507_Marvel05

上の写真は、2015年にアナハイムで行われたD23 expoのプレゼンテーションの一コマです。左に写っているのが、アイアンマンのキャラクター。中に人が入っていて、歩いたり手を上下したりすることができます。そして右がリアル スタンリーその人。プレゼンテーションの途中で、二人揃って舞台上に登場しましたが、この時のアイアンマンは5分くらいの登壇だけでさっと帰って行きました。

と、話がずれましたがこんな感じで、アメリカで行われる映画プレミアや、映画館での上映イベントにはちょこちょこ登場するアイアンマンのキャラクターですが、実際に一般ゲストが触れ合ったり写真を撮ったりできる状況で出現するというのは、かなり、かなーり!レアな出来事なんです!! もちろん、USパークスのグリーティングにも未だ未登場です。(2016年5月現在)

ちなみにキャプテンアメリカの方は今でもアナハイムのディズニーランドリゾートで普通にグリーティングに登場していますから、めちゃくちゃ珍しいということではないです。が、日本で会えるのは地味に凄いことだと思います。太平洋、渡らなくていいんですからね・・・。しかも参加費無料!ちょっとこれは信じられないです。

160507_Marvel06

長くなった前置きはともかく、未だ一般人がグリしたことのないアイアンマンに会えるかも!?ということで、一人で勝手に興奮しつつ、無事にGETした整理券。10:30からの回に入れました。

160507_Marvel07

10:30になって、司会者の方の紹介と共に登場したキャップとトニー!すごい!本当に動いてる!

160507_Marvel08

私の位置からはキャップがよく見えたんですが、なんか動きが怠慢で「寝起きか?!」って感じでした。ちょっと笑ってしまいました・・・。まぁ仕方ないですよね、これはテーマパーク内でのグリーティングではないので、キャラクターがキャラクターとしてグリーティングに出るための指導や研修も受けてないんだと思います。キャップに比べたら、アイアンマンの方がなりきってる感じだったかな。結構、アイアンマンに見えました!(顔が出てないだけ、ともいう!?)

なお写真撮影は、整理券一枚につき一枚のみということで、ワンショ(キャップとアイアンマンのみ)かツーショ(キャップとアイアンマンと参加者)かどちらのみということでした。圧倒的多数の参加者が皆さんツーショをお願いする中、ここは腐ってもDオタの私はワンショを選択!

160507_Marvel09

私の順番が来て、二人にポーズしてもらいました。緊張した!

160507_Marvel10

アップに拡大したところ。アイアンマンのアークリアクターや眼光がちゃんと光ってて、これで中に人が入って動けるのは凄いなぁと感心しました。着膨れ(?)してる感じもないしスマートでかっこいい! キャップはあまりアップで見ちゃいけない気もするけど。まぁそこはモデルさんということで笑

今回のフォトシューティングは、あくまでフォトシューティングということで、USパークスで行われているようなグリーティングではありませんでした。参加者が順番にさっと写真を撮るだけで、おしゃべりや触れ合いなどはなかったという意味です。アイアンマンはともかく、口周りが露出しているキャップも一言も発声していなかったですね〜。USパークスのグリーティングだと、どちらかというと写真撮影は後付けで、より会話や触れ合いなどのコミュニケーションが重視されます。このフォトセッションが「グリーティング」の表記でなく、あえて「フォトシューティング」と名打っているのも、もしかしたら色々事情などがあるのかもしれないですね。

というわけで、二人に会えて満足した私でした。アイアンマンは次はどこに登場するのかな〜。2016年中に香港ディズニーランドにオープンするアイアンマンエクスペリエンス(アイアンマンエリア)で、彼のグリーティングが行われることを楽しみに待っておきたいと思います。出てきてくれるといいなぁ。

160507_Marvel03

ここからは他のブースの模様をレポートします。上の写真は、先ほどのキャップとアイアンマンが立っていた後ろのパネル。映画館に置くやつですね。かなり大きいです。おそらくアメリカからわざわざ持ってきたんだと思いますね。

160507_Marvel11

魂ネイションズのアクションフィギアの展示なんかもありました。

160507_Marvel12

ウルトロンとかのそれ以前のMCU旧作に加えて、最新作のシビルウォー関連フィギュアの展示もありました。

160507_Marvel13

私はあまりフィギュアは増やさないようにしてるんですが、それでもこうやって見てると欲しくなります。

160507_Marvel14

可動式のパーツがよく動いてるのが、展示でもうまく表現できてました。スティーブの顔もかなり作り込んでます。

160507_Marvel15

私的に今一番アツイのはティチャラ陛下!イエス!ブラックパンサー!! これ、かっこいい〜〜〜!! なんか変なところにピントが合ってしまいましたが変な意図はないです。

160507_Marvel17

こちらはトイザらスさんの出張販売店。品数は多くないものの、シビルウォーやアベンジャーズ関連のおもちゃを色々売ってました。

160507_Marvel16

購入特典のプロモーションを何種類かかけていて、つられてうっかり買ってしまう実にチョロい私。。。

160507_Marvel18

これは、メタコレのトニーとキャップのセットを買うと貰えるピンバッジのセットの外装ペーパー。多分非売品。でも非売品とか書いてない。謎。

160507_Marvel19

分厚いシルバーメタルにプリント、さらにその上にこれも分厚めのぷっくりしたクリアPVCコーティング。大きさ約3.3センチ×3.3センチ。一見してマグネットっぽい、ちょっと不思議な造りのピンズでした。

160507_Marvel20

ピンズの裏側。

160507_Marvel21

これはアベンジャーズグッズをなんでも2,000円買うと貰えるスマホケース。びよーんと伸びて、大体のスマートフォンのサイズには適合するらしいです。いきなりこの場で開けて使ってみたら、案外かっこよかった。でも、APRIL 29とか英語で書くならタイトルも英語で書いて欲しかったですね。シビルウォー。うん。

これ以外に、特別なUFOキャッチャー(後述する)をプレイできる挑戦券をもらったけれど、そのゲームはあっさり外してしまいました。残念。

160507_Marvel22

次にダーツライブさんのブースで遊んでみました。ダーツなんて学生時代以来なので、ルールどころか投げ方も忘れてしまっていて困りました。こちらも得点ごとに色々貰えるらしいです。私はもちろん、限定の缶バッジ狙い!

160507_Marvel23

特別なダーツの筐体。なんとチームキャップとチームアイアンマンの柄にカラーリングしてある!

160507_Marvel24

正面から見たところ。今はこんなキャラクターのダーツなんかもあるのか〜!すごい。

160507_Marvel25

と思っていたら、上部の点数表示の画面も特別なものでした。今のダーツってこんななの!?時代の変化を感じる・・・

160507_Marvel26

で、力んでダーツをプレイしてみたけど全然ダメで、参加賞のクリアファイルだけもらいました。テレビ東京で放映中の、アルティメットスパイダーマン VS シニスターシックスのプロモーションですね。

160507_Marvel27

ダーツの試遊は何度でもチャレンジ可能ということだったので、合計三回やらせてもらいました。(遊ぶたびに並び直す必要はあります。) 最後のプレイでいい点数が取れて、限定の缶バッジをゲット! 缶バッジは三種類あって、この黒字のマーベル柄と、あとはコミックス柄のレトロ風なキャップとアイアンマンの柄みたいです。そっちも欲しかったけど、ランダムだったので選べず。

160507_Marvel28

マーベルヒーローズフェスタ内には幾つかのブースが出ていましたが、ブースで遊ぶごとにもらえるのがこの挑戦券。

160507_Marvel29

この日限定のUFOキャッチャーにチャレンジすることができました。

160507_Marvel32

手前のが、手に入りやすい挑戦券で挑戦できる缶バッジキャッチャー。手に入りやすいだけに参加者のみなさん、この挑戦券は一人何枚も持っている状態だったので、プレイするのに一時間くらい並びました・・・。奥のがトイザらスで1,500円買い物すると貰える挑戦券でチャレンジできるキャッチャー。こちらは売り物のちょっと高価なグッズが入っていましたよ。

160507_Marvel30

私は缶バッジキャッチャーの方に二回チャンレンジして、運良く2個ゲットすることができました! チームキャップとチームアイアンマンごとに主要キャラクターが描かれて、めっちゃかっこいい!!

160507_Marvel31

缶バッジの裏面と、UFOキャッチャー挑戦券、そして挑戦券の裏側。挑戦券の裏側は、無駄にフルカラープリントでシビルウォーのメインアートが描かれてて、なんだか変に贅沢な挑戦券でした。

以上、マーベルヒーローズフェスタの感想でした。他にもアルティメットスパイダーマン VS シニスターシックスのミニゲームコーナーもあったり、お子様連れのファミリー層が楽しそうにプレイしているのが印象的でした。池袋の立地も、ゴールデンウィーク最後の二日というのもちょうど良かったのではないでしょうか。 また、無料イベントの割に豪華なグリーティングや、限定の缶バッジが貰えるチャンスがあったりと、参加者の皆さん、子供も大人もなかなか盛り上がっていたと思います。

あぁ、私、勝手に、WDJさんがまたなんかやらかすんじゃないかとハラハラしてしまってなんだかすみませんでした。また今後ともこのような面白いプロモーションイベントを期待しています! とても楽しかった!! マーベル、MCUがこうやってどんどん盛り上がっていくといいなぁ〜〜

(このページに公開されている内容はすべて、2016年5月7日時点の情報となります。2016年5月7日 記事公開)

Top > Terminal 3 ↑トップにスクロールする