【スペシャルプログラム】ディズニーアンバサダーホテル 謎解きプログラム 招かれなかったマレフィセント

ºoº この記事はおおよそ 7 分で読めます ºoº

Top > Terminal 2

2016年2月16日から3月11日に合計18公演行われた謎解きプログラム、招かれなかったマレフィセントに行ってきました。ディズニーアンバサダーホテルのファンタジア宴会場での開催でした。一名、10,800円。小学生以上の参加のみ。

プログラム会期は終了しておりますが、このブログでは謎解きの詳細な問題の開示によるネタバレや解説は行いません。雰囲気のみお伝えしたいと思います。詳細部分は、参加された方のみのお楽しみでしたね、ということでご理解宜しくお願いします。

TDR160310_01

TDR160310_02

会場座席図。私たちの座席の詳細は省きますが、マレフィセントに関わるキャラクターだったのでちょっとテンションが上がりました。

TDR160310_03

一卓十名の配置でした。席にはプログラムの趣向に合わせて、ミニーかデイジーのどちらかのナプキン置いてありました。座席の並び順に、交互に置いてあったようですよ。今回のプログラムは二名または三名の参加枠のみだったので、グループ内では必ずミニーとデイジーがセットになるみたいですね。(グループ内でミニミニ、デジデジにはならないということ)というわけで、お友達のナプキンも借りてミニデジで撮ってみました。

TDR160310_04

受付でもらったリーフレット。パーティー会場の奥の部屋には大きくハテナが描かれています。何かがありそうです。

TDR160310_05

もう一枚のリーフレットはメニュー表でした。前菜から始まって、お魚、お肉、デザートの四皿プラス、パンのようですね。面白いのが、前菜、お魚、お肉の三皿は、デイジープレゼンツとミニープレゼンツの二種類のコンボプレートになっているようなんです。コースメニューでこういう趣向はちょっと面白いですね。

右側は「デザートをもっとおいしくする呪文を見つけてね!料理に使われている形を書こう!」と書いてあります。表の下に大きく描かれている九つの形、ダイヤ型、ハート型、三角、音符、お花、バツ、星型、リボン型、五角形は、点線が入って後ろに倒せるようになっていました。

TDR160310_06

メニュー表の裏。めちゃくちゃ怪しい・・・

TDR160310_07

司会の方が登壇され、プログラムスタート。プログラムの正式名称は「招かれなかったマレフィセント」ですが、なるほど、その名前でパーティーを行うわけにもいきませんので、ダミーと表現したらいいのでしょうか、「ミニーとデイジーのドリームダイニング」と題打ってパーティーはスタートしました。

TDR160310_08

中継でシェフミッキーからミニーちゃんとデイジーが登場。お料理を楽しんでね、というようなことを言っていました。

TDR160310_09

一品目のお料理が運ばれてきました。デイジープレゼンツが左側の「真鯛のシトラス」ミニープレゼンツが「ビーツのムースと白身魚のブランダード」メニュー表にあるミニゲームの通り、お料理の中に隠された形を見つけながら、味わっていきます。

TDR160310_10

見つけました! お野菜が五角形にくりぬかれています。 お味の方は白身魚にさっぱりドレッシグがあって美味しかったですよ。

TDR160310_11

ミニーちゃんの方はハート型ですね。こんな感じで、お料理の中の模様を探しながら食べ進めました。見つけた模様は、メニュー表に書き込んでいきますよ。 さて、こちらの料理は白身魚なムースのような味わいでしたが、見た目はまるでデザートのようなのに、味はツナ風味、しっかりとしたお魚の味わいで、脳がちょっと混乱しました笑 目は「これは甘いゼリーだ!」と言ってるのに、舌が「しょっぱいぞ〜!」と警報を出している感じです。でもおいしかったですよ。

TDR160310_12

パンも可愛いんです。ミニーちゃんのリボンになっていました。

TDR160310_13

お魚のお皿。左側、デイジープレゼンツが「帆立貝のグリル サフランクリームソース パイを乗せて」 右側、ミニープレゼンツが「サーモンのナージュ トマト風味のオランデーズソース」 探すべき形は、左がパイのダイヤ型、右が人参をくりぬいたお花型ですね。

そして、この日一番に美味しかったのがこのお皿の帆立貝でした。焼き加減もバッチリで旨味が詰まってましたね〜 もう一度食べたい!

TDR160310_14

続いてお肉のお皿。デイジープレゼンツ「牛ほほ肉の煮込みとポテトのグラタン」 ミニープレゼンツ「イベリコ豚のロースト 粒マスタードソース」 見つけ出した形は、三角形と星形です。

と、ここで、お料理は一旦ひと段落。見つけ出した形をメニュー表の下の部分のくりぬきからくりぬいていきます。見つけたのは五角形、ダイヤ型、三角、ハート型、お花型、星形、そしてリボン型でした。

TDR160310_15

TDR160310_16

実物の写真は撮り忘れてしまったんですが、このように該当の形をくりぬいた後、メニュー表を真ん中で折ると、くりぬいた窓から「☆SMILE☆」の文字が浮き出ました。なるほど〜!面白いですね。でも実は、このミニゲームはこの後に続く本題の謎解きにはあまり関係がありませんでした笑 謎解きの前菜、といったところでしょうか。

そうこうしていると現われました。

TDR160310_17

マレフィセントが音声で登場です! ここからが謎解きの本題です。ミニーとデイジーはマレフィセントによって捕らえられ、閉じ込められてしまいました。その上、マレフィセントはホテルキャストにまで呪いをかけてしまいましたよ。宴会場の隣には「呪われた館」が出現し、呪われたホテルキャスト達がマレフィセントの手下となって、行く手を阻みます。

ゲスト達に課せられた使命は、謎を解き、ミニーとデイジーを助け出す呪文を探しだすことです。 ここで数枚の問題がチームごとに配布されました。制限時間は60分です。

前述の通り、こちらのブログではこの後の謎解きの解説は行いません。ざっくりとした手順だけ、記録として書き残しますね。

  1. 四つの謎を解き、呪われた館に入るための「入館許可証」の合言葉を導き出す。

  2. 「入館許可証」の合言葉で呪われた館(宴会場隣の特設会場)に入館できる。呪われた館には第1〜第4の部屋があり、部屋ごとに設定された四つの謎を解き、各部屋でその答えをマレフィセントの手下(呪われたホテルキャスト)に申告していく。正解だと次の謎の手がかりをもらえる。

  3. 第4の部屋までクリアすると、そこで得た手がかりを元に第5の部屋が開く。第5の部屋には三つの謎があり、それを解く。

  4. ここまで進むと「呪いを解く呪文の謎」が手に入る。ただし、この呪文の謎を解いても、助け出せるのは一人のみ。ミニーかデイジー、どちらを助けるのか選択を迫られる。呪文を手に入れた人は、会場後方奥の報告所に呪文を提出する。

  5. しかし実はこの「一人しか助け出せない呪文」はマレフィセントによるフェイクだった。これとは別に「全員を助け出せる魔法」が存在する。この魔法を使えばミニーとデイジーのみならず、呪われたホテルキャストも助け出すことができる。この魔法を探し出すには、ある部屋にいるマレフィセントの手下(呪われたホテルキャスト)の呪いを「一人しか助け出せない呪文」で助け出すこと。するとこのホテルキャストが「全員を助け出せる魔法」のヒントをくれる。この「全員を助け出せる魔法」を報告所に提出したチームが正解者となる。

・・・と、ざっくりこんな感じでした。自分の席と呪われた館を行ったり来たり、結構慌ただしかったですよ。

TDR160310_19

呪われた館の地図です。中の写真を撮ってくる暇もありませんでした。謎で手一杯で、自分の写真を撮っている暇は1秒もありません。BGMもおどろおどろしいのがかかっていて、音楽を聴きながらも焦ることこの上なかったです。

TDR160310_18

謎に頭を抱えながら一枚だけ撮った写真。第5の部屋には呪われてしまったお城の照明が当たっていました。無表情の呪われたホテルキャストさんも結構雰囲気あってよかったですよ。

この写真のように、第1から第5のそれぞれの部屋には、簡単なつい立てが立てかけてあり、ゲストは並んだ順番に案内され部屋(ブース)の中に入っていきます。部屋の中にはマレフィセントの手下(呪われたホテルキャスト)が待機していて、ゲストはその手下に解いた謎を申告していくのですが、その申告すべきことは紙に書いたり、特定の動きを行うもので、言葉にしなくて良いものでした。なのでついたての外のゲストにバレてしまうこともなかったです。 私たちの回は、特に列に長時間並ぶこともなく、終始スムーズに進行していきました。

いやしかし、制限時間60分は体感より短かったですね。かなり冷や汗をかきましたが、なんと私たちのグループは「全員を助け出す魔法」まで辿り着くことができました! やったー! 残り時間1分のところで報告書に呪文を提出したんですが、ヒヤヒヤどころのお話ではありませんでした・・・

ここでゲームは終了となり、司会者の方からは、正解チームのチーム名の読み上げと、すべての謎についての詳細な解説がありました。 助け出されたミニーちゃんとデイジーからもお礼の言葉がありました。(これ、正解チームがゼロの時ってどうなるんだろう・・・?!)

TDR160310_20

そして最後はデザート「チョコレートムースとラズベリーソルベ」 なんと、正解チームの方だけは特別バージョンだそうです。正解チームだけ先にサーブされたお皿には、正解者の証である王冠のラングドシャが付いていました。

TDR160310_21

TDR160310_22

アラザン付きでキラキラ光ってました。こんな豪華な王冠がつくなんて知りませんでした! 頑張ってよかったなぁ。

TDR160310_23

初めての謎解きディナープログラムへの参加でしたが、楽しかったです。主に謎を解いてくれたチームのお友達には感謝ですね。私はだいたい何の役にも立ちませんでした笑 頭の巡りもそうなんですが、謎解きを多く解いてきた経験値みたいのも必要なんですね〜 ちょっとずつですがコツが解ってきたので、また次回の機会があったら活かしたいですね。

(このページに公開されている内容はすべて、2016年3月10日の情報となります。2016年3月11日 記事公開)

Top > Terminal 2 ↑トップにスクロールする