ディズニーデラックス視聴ログ・2019年3月26日サービス開始後〜

ºoº この記事はおおよそ 5 分で読めます ºoº

2019年3月26日から開始した動画配信サービス「ディズニーデラックス」に初日入会しました。
いや〜、まじでディズニーデラックス最高です!
私は昔からディズニーの映像作品に関しては超雑食で「ディズニーと名のつくものはひとまずなんでも見てみたい」タイプなんですが、ディズニーデラックスはこの点ほぼ網羅されていて私的には満足度100点って感じです。

ただ逆の視点から言うと、ほんとにほんとのディズニー一色なのでこれ一般の人が契約してほんとに楽しいのか!?という疑問は湧きます。
もちろんディズニー作品と一言で言っても長編アニメから実写、過去作から新作までと多様性がありますし、さらにそこにディズニージュニア、ピクサー、マーベル、スターウォーズと、一見すると雑多な作品が収録されているように見えるんですが、結局元を正すとこれ全部同じスタジオ=同じような人たちが作っているんですよね。
同じような人たちは同じような思考と志向を持っていますので、なんか常にワンカラーというか、特色がないというか・・・。
なんて言ったらいいんですかね、やっぱどれを見てもとどのつまりディズニーだな、って感じなんですよね笑
怪盗グルー(Despicable Me)シリーズを見たときの味付けの濃淡がある感じとか、そういうのがないんですよね〜。
私は根っからのディズニーオタクなのでそんなディズニーらしさそのものを楽しんでいるのでいいんですが、このすっかり毒の抜けた感じの動画サービスを世間一般の人が楽しめるのかどうかは私にはちょっとわかりませんw

というわけでディズニーデラックス契約所感はここまでにして、以後はこつこつと視聴ログを取ろうかと思います。
完全に自分メモです。タイトルはWikiからコピペ。


『リトルマーメイドIII はじまりの物語』(原題:The Little Mermaid: Ariel’s Beginning)2008年
吹替版視聴
十年ぶりに見ました。。。が、今日の今日までこの作品の存在自体を忘れていたくらいには存在感が薄すぎる。
TDSのキングトリトンのコンサートの楽曲ってこの作品が出典なんだよねw せっかく曲はいいのになぁ・・・。
たぶんこのサービスに入会してなかったら、もう一生見てなかった作品だと思う。ありがとうディズニーデラックスw
そういや、十年前に見た時もベンジャミンが可愛いなぁって思ったんだよなぁ。そんで今回も見てまずそれを思ったw 多分明日にはまた存在自体忘れると思うけど・・・

実写『シンデレラ』(原題: Cinderella)2015年
吹替版視聴
私この作品、ディズニー実写作品の中でも今のところトップ3に入るくらい好き。なのでちょくちょく見てる気がするけどやっぱ好きだなって思った。
これの何がいいのかは自分でもよくわからない。が、なんかいい。なにかがいいんだ。
久しぶりに見たけどやっぱ良かった。アニメ実写化作品の中でも抜群に良くできてると思う!
吹替版のシンデレラの声優が甘ったるい口調なのだけは毎回ひっかかるわ。ちょっともっちゃりしすぎてる。

『魔法にかけられて』(原題:Enchanted)2007年
字幕版視聴
2007年の作品ってところにまず驚くんだけど、12年経ってもこれを超える実写作品が出てこないのはかなりやばいぞと思いましたw
その完成度の高さには改めて驚く。私的ディズニー実写作品No. 1はこれだよな〜うんうん!と頷きながらの視聴。
何度見てもよいものは良い。また見よ。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(Captain America: The First Avenger)2011年
吹替版視聴
エンドゲーム前なので見返し視聴。
久しぶりに見たけど作品として良くできてる。やっぱMCU is キャプテンアメリカだよなぁと心底思う。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(Avengers: Infinity War)2018年
吹替版視聴
エンドゲーム前なので見返し視聴。
スターロードがサノスに手を出すシーン、映画館で見た時はかなりイライラしながら見てたんだけど、何度も見てるうちにこの映画で一番の好きなシーンかもって思った。クリプラの演技がいいのかな、じわじわ胸にくる。

『アラジン』(原題:Aladdin)1992年
吹替版視聴
ディズニー長編アニメだと私は美女と野獣が一番好きなんだけど、作品の出来として見たらこれが一番かもしれないと改めて思った。
登場人物それぞれの不自由さがほぐれ解放されていく流れが今見ても秀逸だ。
とても1992年の作品と思えない。今見ても全然古くなくて逆にそのことにびっくりする。最新のディズニースタジオ作品だよって言われても納得しそう、わたしw

実写『美女と野獣』(原題: Beauty and the Beast)2017年
吹替版視聴
映画館で字幕版見て以来二度目の視聴。吹替版悪くないね。
ストーリーはあたらしい解釈を大胆に足してるけど、新鮮さがあって良い。作品に良い深みを足してると思う。特にベルのお母さんのくだり。すごく好き。
追加曲もいい。俳優も悪くないし、CGの感じもハマってるんだけどね。
でもなぁ、なんかいまいちピンと来ないんだよなぁw 映画館でもピンと来なかったけど、2回目見てもあんまりだったな。。。同じプリンセスものなら実写シンデレラのが数段好きだわ。
何がだめなんだろ、エマワトソンベルも好きなんだけどね。
もしかしたらアニメ版に思い入れが強すぎるのがいけないのかも、私アニメ版シンデレラは特に思い入れがないので、実写シンデレラがなにやってようとスッと心に入ってくる気がする。
美女と野獣は元が好きすぎるので、なにやってもアニメと比べちゃうわ、ごめんね。
やっぱ元が良すぎるとリメイクするのも大変だよね。。。

以後も随時更新予定!