私にはTDR35周年はよくわからなかった@2019/3/27wed 23:00のPA

ºoº この記事はおおよそ 3 分で読めます ºoº

はい!つーわけで東京ディズニーリゾート35周年が終わりました!
夫や近しい友達にカマかけつつ、35周年どうだった〜?などと話題を振ったんですが、総じて好評だったみたい。むしろ大好評。
「でも実際なんにも無かったじゃん」
これは私の意見です。
そう返事を返すと夫も友人知人も口を揃え、でも雰囲気が好きだった、**周年の再来みたいだった、祝祭感がとても良かった、と言うのでした。

で、実際のところ何かあったんですかね、35周年は。
私には最後までその実体がなにひとつ見えなかった。
セレブレーションタワーとマッピングは良かったけどさ。
あれ、ずっと言いたかったんだよね・・・。
「で・・・?」
何かあってのさらにでタワーとマッピングならわかるんだけど、それがメインなのか?!
それでいいのかw

まぁセレブレストリートはまだいいわ。実際のものは良かったし。
でもハピエストサプライズは最悪の悪手だったね。
私は実は去年シーで、オフインしているキャストと勤務中キャストのハピサス内通をこの目で目撃している!!
そんなのツイッターの嘘松だと思っていたよ。
だってありえないでしょw
(※嘘松とは、SNSで注目を集めたいがためだけに嘘のストーリーを流布する行為のこと)
あまりにショックでまだ友人一人にしか話せてない。
でもやっぱ書いておくべきパーツだと思ったのでついに書いてしまったわ。

私の見てしまったあの現場を、他の人が信じる信じないは正直どうでもいいんだ。
私もあれが私の見間違いだったら良かったのになぁ、と、まだ信じきれていないし。
でも今私がここで言いたいのは、その内通が本当に有ったか無かったかの話ではない。
噂の一人歩きにせよ、ゲストが誇大妄想を抱くような状況を設定してしまったってことのOLCの認識不足についてなんです。
キャストの性善説にのっとったハピサプの末路がこうなることなんて最初から目に見えていた。
なのにどうしてこれがうまく行くなんて思ったんだろうな上層部は、ってことですね。
OLCってやっぱ馬鹿なんかなって思いを強めただけでした。

というわけで、表題の通り私にはTDR35周年は正直最後までよくわからなかったです。
でもよくわからないことと、それを肯定するかしないかは別です。
実は肯定否定で見たら、今回の施策は100パーセント肯定します!!!
いや〜〜、大成功だったね!!!
もうゲストは、お金のかかるショーも、手の込んだ何か特別な演出も、別に求めてなかったんだってOLCはっきりわかっちゃったよね。
ちょっとした周年感の雰囲気の醸成、家族友達と少しだけいつもと違うお祝い気分が楽しめること、ほんとOLCがこれから提供するのは、たった、たったそれだけでいい。
良かったよね。それがわかった。
本当にこれで良かったと思う。
周年なんて最初から架空のメダルで、その架空のメダルをゲストに授けさえすれば、あとはなーんにも要らなかった。
それがわかって良かった。

OLCは自信を持って、外野もオタもあらゆる悲鳴も絶叫も切り捨て、ガンガンこの道を進んで行ってほしい。
ここからはもう一途にひた走ってほしい。
後ろはもう振り返らないでいい。
50周年を目指せOLC!!!!!!!!!

TDR35周年お疲れ様でした。
もう一度書く、OLC、これからのお前の選択は全て正しい。(ハピエストサプライズ以外は!w)
頑張れ! エールに代えて。


2019年3月25日撮影。
名残惜しむゲストでセレブレーションストリートは身動きも取れないくらいだった。