【ホテル】ディズニーアンバサダーホテル アナとエルサのフローズンファンタジー スペシャルルーム -TDR1601

ºoº この記事はおおよそ 6 分で読めます ºoº

Top > Terminal 1 > TDR1601便 フライトマップへ

ディズニーアンバサダーホテル スタンダードフロア の、アナとエルサのフローズンファンタジー スペシャルルーム (トリプルルーム)に宿泊しました。通称、アナ雪部屋と訳したらよいでしょうか。宿泊費は2016年1月下旬の平日、一室一泊料金は税込み 51,300円でした。

TDR1601_Hotel01

ドアを開けた瞬間、可愛らしい色が目に飛び込んで思わず笑顔になります!

TDR1601_Hotel02

TDR1601_Hotel03

今回はトリプルルームですので、ベッドカバーはアナ、エルサ、オラフの三種類です。デラックスルームですと2ベッドになりますので、アナとエルサのみのようですね。それぞれのベッドカバーの写真です。

TDR1601_Hotel04

TDR1601_Hotel05

TDR1601_Hotel06

TDR1601_Hotel07

そしてこちらがチェックイン時にフロントデスクでいただいた特典ピンです。今回の私のお目当てはまさにこれなのでした。無事に手に入れられてとても嬉しかったですね〜

公式ウェブサイトによると《スペシャルルーム限定のオリジナルピン アナ、エルサ、オラフが描かれたスペシャルルーム限定のオリジナルピンをご用意します。 ※1室につき3種類1セットとなります。》(引用:アンバサダーホテル公式サイト http://www.disneyhotels.jp/dah/room/stnd_deluxe_frozen.html)とのことです。

特別製の台紙にアナ、エルサ、オラフ、それぞれのベッドカバーの元になったイラストがプリントされています。ピンはシルバーメタルにスクリーンプリント製です。三つまとめて透明な袋に封入された状態で渡されました。

TDR1601_Hotel08

透明の袋からバラしたところです。台紙のイラストが凝っています。この大きさのフルカラー台紙が配布物のピンにつくのは舞浜では少し珍しいように感じました。

TDR1601_Hotel09

エルサのピンのアップ。

TDR1601_Hotel10

台紙の裏面です。非売品の文字と、Pin Collectingのマークが入っていました。

TDR1601_Hotel11

話をお部屋に戻します。ベッドからお部屋を見渡したところです。

TDR1601_Hotel12

テレビ台の上のオブジェ。スノーギースに囲まれたアナとエルサがオラフを抱きしめています。2016年フローズンファンタジーのメインアートのバージョン違いなんですが、私はこちらのアートの方が断然好きですね。抱きしめられるのが大好きなオラフが、二人に抱きしめられてるところが愛らしいです。後述しますが、欲を言えばこのイラストのポストカードが欲しかったです。

TDR1601_Hotel13

オブジェは立体的な造形になっていました。

TDR1601_Hotel14

お部屋の内装デコレーション、こちらはアナとクリストフ、スヴェンのアート。

TDR1601_Hotel15

オラフとマシュマロウとスノーギースの雪だるま軍団アート。

TDR1601_Hotel16

そしてこちらがアナ雪ルーム宿泊のふたつ目の特典です。非売品のポストカード三種類がつきます。

スペシャルルーム限定のポストカード アナ、エルサ、オラフが描かれたスペシャルルーム限定のポストカードをご用意します。 ※1室につき3種類1セットとなります。》(引用:アンバサダーホテル公式サイト http://www.disneyhotels.jp/dah/room/stnd_deluxe_frozen.html)

ちょっと不思議なんですよね。こちらのポストカードにはどれにもエルサが描かれていないんです。このポストカードは部屋のデコレーションアートを元に製作されており、今回私が宿泊した部屋には画面真ん中のオラフが覗き込むアートがありませんでしたが、お部屋によってはこのアートが飾られたお部屋もあるようです。ともかく、お部屋の絵にはエルサのアートは一枚もないということになります。
エルサ、人気なのにどうしてアートにはいないんでしょうか? 逆にオラフはベッドカバーに、オブジェに、アート(しかも三種類のうち二種類も!)にも描かれており、オラフ、相当大人気です。エルサの入ったポストカードも欲しかったなぁ。

TDR1601_Hotel34

特典ポストカードの裏面。切手欄はスノーギースでした。ブルーが雪だるま軍団柄、イエローがオラフとスノーギース柄、グリーンがアナクリストフスヴェン柄のものです。

TDR1601_Hotel17

枕元のランプ。雪の結晶のキラキラが付いていました。

TDR1601_Hotel18

ルームランプに雪の結晶柄。

TDR1601_Hotel19

TDR1601_Hotel32

どこを向いてもスノーギースです。スノーギースの山に埋もれそうな気分になります笑

TDR1601_Hotel22

TDR1601_Hotel23

アメニティ。シャンプーとリンスが変わってからは泊まるのが初めてだった気がします。

TDR1601_Hotel24

バスルーム。

TDR1601_Hotel20

お部屋からの眺めです。クロックタワープラザビューでした。

TDR1601_Hotel21

TDR1601_Hotel33

明けて、朝の眺めです。

TDR1601_Hotel25

この日のお部屋番号は 5173 でした。アナとエルサのフローズンファンタジースペシャルルームは、部屋番号に目印の雪の結晶シールが貼ってあるようです。アンバサダーの中でも一番フロントから遠いお部屋だったので、てくてく部屋まで歩きながら雪のシールを見てたのですが、結構な数のシールを見かけました。

ここからはアナ雪ルームとは関係のない話なのですが、追記します。

TDR1601_Hotel26

アンバサダーホテル内のあちこちにスノーギースが隠れていました。東京ディズニーランドでも同様のお楽しみがありましたが、ホテルにまであるとは思っていませんでした。嬉しいサプライズです。

TDR1601_Hotel27

ふと見上げるとホテルのあちこちで遊んでいるスノーギースが目に入り、まるでディズニーランドの中にそのまま滞在しているかのよう! 楽しい気分がいつまでも続きます。

さてさて、こちらもホテル宿泊には直接関係ないのですが、記事化の場所がないので追記の追記と言うことで書き記します。 宿泊のタイミングでちょうど開催していた、ディズニーリゾートラインの謎解きプログラム、悪の大臣 ジャファーの魔術をプレイしてきました。

TDR1601_Hotel28

謎解きの開催時間は「ディズニーリゾートライン運行時間内」ということで、お部屋でのんびりしてからパーク閉園後の夜間に楽しみました。普通だったらもうとっくに帰宅しなくてはいけない時間に、パークでもなく、イクスピアリでもなく、第三のお楽しみが舞浜にあるというのは素晴らしいですね!
料金も700円で、通常のフリーきっぷ代650円にあと50円プラスすれば、約1時間程度謎解きの楽しさに浸れるというのもかなりポイントが高かったです。

TDR1601_Hotel31

リゾートゲートウェイステーションに展示(というには大きすぎる気も?)されていた巨大ダッフィー。以前六本木で見かけましたが、その後もあちこちを回っているようです。何度見てもその大きさに圧倒されます。

TDR1601_Hotel29

パーク閉園後だったので、時折、貸切状態のダッフィー&フレンズライナーも存分に楽しみました。謎解きをのんびり巡りながら、夜のリゾートライン一周。日中に比べたら電車内も駅も空いているし、心なしか真夜中の冒険のようでワクワクしました。謎解き開催時期のディズニーホテル宿泊ならではの新しい楽しみ方を知ったような気がします。

以上、話題が逸れましたが、アナとエルサのフローズンファンタジー スペシャルルームのレポート記事でした。

TDR1601_Hotel30

(このページに公開されている内容はすべて、2016年1月下旬時点の情報となります。2016年2月17日 記事公開)

Top > Terminal 1 > TDR1601便 フライトマップへ ↑トップにスクロールする